ロレックスやオメガのオーバーホール|WATCH長持ちの秘訣

ファッション

メンテナンスを心がける

時計の内部構造

ロレックスを長く持つためには、数年に一度オーバーホールのサービスを専門業者に依頼するようにしましょう。メンテナンスをすることによってロレックスの内部に使用されている部品の劣化を未然に防ぎ、状況に応じてすぐに対処することができます。ロレックス時計を修理に出すこととオーバーホールをすることは作業内容が大幅に異なります。修理では修理希望している箇所を直してもらうことですが、オーバーホールでは全てを分解して一から組み立てていくことです。分解することで隅々までチェックすることができ、修理が必要な箇所があればその都度対処してくれます。そのため修理に比べてオーバーホールでは費用が高いという傾向があります。日本各地にはロレックスのオーバーホールを専門としている修理業者も多く存在しているので、ロレックスの機能を長く維持していきたいときは定期的にオーバーホールをするようにしましょう。ロレックスのオーバーホールは修理をしてくれるだけではなく、見た目も新品同様綺麗にしてもらうことができます。

ロレックスのオーバーホールをした後は二年の保証がついているため、これならオーバーホール後に何かトラブルがあったとしてもすぐに対処してもらうことができるでしょう。修理業者によっても保証期間が異なるため、オーバーホールをする前にはまず専門業者から詳しい内容を聞いておくと良いです。またロレックスのオーバーホールをするときは事前に見積もり金額を出してもらうこともできるため、出来るだけ費用を抑えたいときは複数の業者に見積もり依頼をしておくと良いでしょう。